あさひ幼稚園にようこそ

 本園は、教育環境に恵まれた新潟市でも随一の閑静な住宅地に誕生しました。
幼児期は、人間の一生にとって、人格形成の基礎が作られる一番大切な時期です。
健康で明るく のびのび とした子どもの育成を考えた教育活動を行っております。
 小さい幼稚園ですので、子どもも保護者も教師も大家族のような雰囲気です。
幼稚園にいらっしゃると、やさしさとあたたかさを感じることでしょう。
 どうぞいらしてください。

最近の投稿

最近のコメント

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

過去の記事

P1002686.jpg P1002674.jpg P1002677.jpg P1002681.jpg P1002672.jpg P1002680.jpg P1002685.jpg P1002684.jpg

ポップコーンパーティー 大成功!

「ゆり組になった4月から、ポップコーンパーティ―をやることを楽しみにしていたのです。」と担任の先生から聞きました。

ゆり組の5月。「どんな種を植えてみたい?」と話し合いました。その中にポップコーンが入っていました。

6月。種をパラパラと小さな畑にまきました。この種は卒業をした先輩たちが残してくれた大切な種です。毎年、その種を譲り受けて、冬になったら、ばら組とさくら組をご招待してポップコーンパーティ―をやります。

ゆり組は毎日、園庭に出るとお水をあげていました。たくさんの実を付けてくれると思ったのですが、残念ながら今年のポップコーンの成長は猛暑で収穫が難しかったようでした。(4粒のみ)

 他クラスの保護者の方がその話を聞いて、ご親戚の畑からドサッとポップコーンの種をもらってくださいました「。おばあちゃんの畑で採れたんだ。種からゴミやほこりを取るのを夏にやったんだよ。」と。ゆり組のためにありがとう。がんばったんだね。先生たちも心配して、ポップコーンの実を探しました。畑のおじさんがお店で売っていました。4本だけ買うことができました。

11月の中旬から、風邪でお休みする子どもたちが多くなりましたが、この日は、ゆり組の9名全員シェフがそろいましたよ。よかった。そう、今年の運動会のダンス「キッチンオーケストラ」の衣装を身に付けて、ポップコーンのお料理しています。

①ゆり組さんの目はじっとお鍋をながめています。ホットプレートにサラダ油を少し入れて、スイッチをオン。あたたまったら、ポップコーンの種を入れます。

②ピチピチっとポップコーンの種がはねとびます。子どもシェフの目はだんだん真剣になってきました。いつ鍋から取り出したらよいのかを相談しているのでしょう。話し合いが続いています。

③いよいよ、お客様をご招待。ばら組さくら組のお友だちと先生たちがランチルームにたくさん来ました。ジャンケンで勝つと大盛りです。6回までお代わりできます。カレー味、塩味、シロップ味の3種類で人気はシロップ味かな。最後までお客様にサービスしていました。

④みんながクラスに帰ったあと、おみやげ用に袋に詰めて、いよいよゆり組のみんなが食べる時間。よく頑張ったね。楽しくて、おいしい活動でした。ありがとう、ゆり組さん。

TAGS:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright(C)2009-2010 あさひ幼稚園 ASAHI KINDERGARTEN All Rights Reserved.