あさひ幼稚園にようこそ

 本園は、教育環境に恵まれた新潟市でも随一の閑静な住宅地に誕生しました。
幼児期は、人間の一生にとって、人格形成の基礎が作られる一番大切な時期です。
健康で明るく のびのび とした子どもの育成を考えた教育活動を行っております。
 小さい幼稚園ですので、子どもも保護者も教師も大家族のような雰囲気です。
幼稚園にいらっしゃると、やさしさとあたたかさを感じることでしょう。
 どうぞいらしてください。

最近の投稿

最近のコメント

2021年7月
« 5月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

過去の記事

DSCN5827  DSCN5831  IMG_2050  IMG_2057 IMG_2050      IMG_2067       DSCN58467月16日、年長組のゆり組は、夏のキャンプにで出かけました。天気にかなり恵まれ、暑い日になりそうでした。それでも、小会瀬さん(宿泊先)の赤いレトロバスは冷房が効いているので、暑さを忘れてトコトコ1時間かけて阿賀町に向かいました。常浪川の近くにある麒麟山公園でおろしてもらい、お昼を食べました。公園という名前ですが、緑が広がる草っぱらです。ほぼ、あさひ幼稚園がその場所を貸し切り、あまりお客さんはいませんでした。2~3家族が、たまに涼を求めて来ていました。さあ、お昼です。塩きゅうり、ソーセージ、お家から持ってきたおにぎりを食べました。外で食べると、とてもおいしかったと思います。昼食後、いよいよ常滑川に入ります。川といっても水深はくるぶし位で、浅瀬です。安心して川に入れました。水と戯れ、川の中に座り込んでいた子、バシャバシャと水かけっこしていた子、それぞれがのんびりと遊んでいました。川の流れをよく見ると、小さな魚が群れをなして、あっちこっちと泳いでいました。持ってきた小さな魚網で、子どもたちは捕まえることができるでしょうか?素早い魚たちに負けないと、目をこらして挑戦していましたよ。小さな水槽に5匹以上は捕まえたようでした。最後は、魚(ウグイ)の住処の川に返して、土手に上がりました。注文してあったジェラードを「キツネの嫁入り屋敷」まで取りに行った先生が戻ってきたので、さっそく皆でいただきました。さわやかな川の風と冷たいジェラードで、うれしそうでした。

DSCN5825   IMG_2089  IMG_2102  その後、小会瀬さんのレトロバスにゆられて、宿舎に向かいました。そこで待っていたのは、青い簡易プール。その中には、もっと大きな生きた魚(イワナ)を放す準備をして待っていてくれました。すばしっこいイワナはプールに放流されて、びっくり。子どもたちもビックリ。ずぶぬれになって、大騒ぎでした。生け捕りは難しいですが、ホイホイと捕まえる子もいれば、なかなか手が出ない子もいました。みんなが力を合わせて、ようやく終了しました。あとは、広い芝生のお庭でかけっこをしたり、ブナの木にくくり付けた手製のブランコに乗ったりしてから、宿舎に入りました。夕食までゆったりと温泉に入り、さっぱり。

IMG_2142 DSCN5861 DSCN5864 DSCN5867 DSCN5881夕食は、次々とでてくるごちそうに満足そうでした。夜のイベントはキャンプファイヤ―です。歌ったり、踊ったりしていくうちに、周りは、どんどん暗くなったきました。遠くから松明を持ってきた山の神様が現れ、組んでいた木材に火をつけてくれました。辺りは急に明るくなり子どもたちは火を囲んで、1人一芸を頑張りました。大きな拍手をもらって、「○○で賞」のプレゼントをもらっていましたよ。しばらくすると、キャンプファイヤ―の火は小さくなって、夜空の星がよく見えるようになりました。そこで、大型花火大会です。5種類の色とりどりの花火が夜空を染めました。花火があがるたびに歓声が聞こえて、楽しんでいたようです。

IMG_2205

1日の終わりは、みんなで布団を敷いて大きな部屋で一緒にゴロゴロと寝ることです。案の定、自分の布団で寝ていた子どもは少なかったですね。いい夢をいっぱい見て、また、明日、楽しみましょうね。(1日目)

 

 

 

 

 

TAGS:
Copyright(C)2009-2010 あさひ幼稚園 ASAHI KINDERGARTEN All Rights Reserved.