あさひ幼稚園にようこそ

 本園は、教育環境に恵まれた新潟市でも随一の閑静な住宅地に誕生しました。
幼児期は、人間の一生にとって、人格形成の基礎が作られる一番大切な時期です。
健康で明るく のびのび とした子どもの育成を考えた教育活動を行っております。
 小さい幼稚園ですので、子どもも保護者も教師も大家族のような雰囲気です。
幼稚園にいらっしゃると、やさしさとあたたかさを感じることでしょう。
 どうぞいらしてください。

最近の投稿

最近のコメント

2013年11月
« 9月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

過去の記事

今日は七五三

17th 11月 2013

P1003510.jpg P1003502.jpg P1003514.jpg

11月15日は七五三の日。残念ながら、新潟は雨が降りました。風邪をひいては大変です。

ホールで七五三の集会をすることにしました。
実は、朝早く、各クラスの部屋に行ってみました。ありましたよ。

七五三の素敵な袋が…みんなはきれいに作っていたことがわかりました。
さあ、集会が始まります。飴の袋を持って、集まりました。
七五三って、何かな?何をするために神社に行くのかな?

なぜ千歳飴をいただくのでしょう?と、昔からの言い伝えのお話をして、記念撮影をしました。
さあ、お昼を食べて、帰る支度をしました。

園に届いた千歳飴を配ると、子どもたちは「本当に長い飴は食べられるの。」と、
関心は飴の方に。担任の先生が、「七五三ってなあに?神社で何をお願いするって、

教えてもらったのかな。」と聞くと、年少組のさくらさんは、「飴をもらいに行くんだ。」

「飴をくださいってお願いするんだ日だよ。」と言っていました。

あれほど、七五三のお話を聞かせてもらったのに…。

さくらさんは、目の前にあること(長い〜飴)に一番関心があるんです。

でも、来週、晴れたら神社にお詣りに行こうって言っていました。

でも、「また、長い〜飴ください。」と言うかしら。

神社にお詣りするって言うことは、「七五三の飴をいただくところだよ。」なんて覚えないように。

「元気で丈夫に成長できますように。」って、お願いしてきます。

TAGS:

なしのプレゼント

14th 11月 2013

P1003492_2.jpg P1003493_2.jpg
今年は、果物のプレゼントがたくさんありました。
今日は、なしが14個×3箱も届けられました。
うれしいことです。
園の子どもたちは、お土産いっぱいです。
この前は、メロンがたくさん。給食のときに、豪華な
デザートがひとりひとりに渡りました。
ほっぺが落ちそうでしたね。
今日の「なし」はおみやげにして、持ち帰りました。
よかったですね。
TAGS:
P1003498.jpg P1003497.jpg P1003496.jpg P1003495.jpg P1003494.jpg
園で飼っているカメのかめっピー。
もうすぐ冬なので、冬眠するにちがいないと準備しました。
枯葉や砂を用意すれば、いいのかしら。
インターネットでも調べましたが、とりあえず、やってみました。
昨日の帰りには、砂にもぐっていたのでしょうか。
ところが、子どもたちが園に来たら、にぎやかになって、
「なんだ、なんだ。寝てなんかいられないよ。」と
ノコノコ出てきてしまいました。かめっピーは、砂だらけの顔でした。
「ぼくは、こんなところにいたくない。」「砂・落ち葉より、前の岩と水がよかった。」と
言っているのか、それとも、「いいなあ、砂がたくさんあるよ。」
「落ち葉もあって、ふかふかだよ。」と言っているか。カメの気持ちは、どっちかな。
しばらく見ていても、カメはもぐりません。
「水があるほうがいいんじゃない。」「昔の家のように、岩があったほうがいいかしら。」
「水はいるかな。」
ということで水・岩を入れてあげました。水を見たとたん、
かめっピーはドボンと水の中。
お水を飲んで、ホっとしたかな。
おなかは最近、すかしていないようです。えさはあまり食べません。
さくら組の子どもたちが、心配してじっと見ていました。
昔、教室で飼っていたゆり組のお友だちも見に来ました。
「かめが息苦しいから、先生がいろいろやってくれていたよ。」
という報告が入りました。カメは幸せですね。
TAGS:

温かいお弁当に

14th 11月 2013

P1003490.jpg P1003487.jpg P1003488.jpg P1003485.jpg P1003486.jpg P1003484.jpg
そろそろ寒くなってきましたね。
幼稚園では展覧会(11月3日)が終わると、ストーブを各部屋に入れます。
1年前にストーブを入れたことを覚えているクラスの子どもたちは、
「ね、また、こたつを作ろうよ。」と、言ってきました。
ストーブを入れると、こたつが作れるようです。これは、先生方のアイデアです。
こたつの作り方は子どもたちと先生方が知っています。こたつを作る幼稚園です。
さて、寒くなるとお弁当の中身も冷たくなってしまいますね。あさひ幼稚園では、
ストーブガードの棚にお弁当を入れて温めます。
これはあさひ幼稚園ができた60年間前から、毎年行っていることで、伝統です。
朝、登園したら、すぐ自分でお弁当を出して、ストーブガードの棚に入れます。
お弁当給食を頼んだ子どもたちは、今年から、アルマイトのお弁当箱を家から持って
くるようにお願いしました。
初めて、アルマイトの空の弁当箱を持ってきた日。
子どもたちの中には、てっきり中身が入っているお弁当だと思ったのか、
「このお弁当、軽いなあ。お弁当の中身を入れないで、○○はぼくに持たせたよ。」
と嘆いていました。ウフ・・・12時に中身が入ったお弁当箱をとどけに持っていくと
「ウワァー中身がはいっている。このおべんとう!あったかい。」
と、びっくり。よかった、よかった。
ちゃんとおいしいおかずがいっぱい入っているほかほかのお弁当になって、届きましたよ。
安心してね。デザートは、温めませんよ。

TAGS:
P1003476_2.jpg P1003473_2.jpg P1003474_2.jpg P1003475.jpg
P1003477.jpg
展覧会が終わったあとの「のびのびくらぶ」でした。
天気はあまりよくないので、「みなさん集まるかしら。」と
気になっていました。
でも、そんな心配もなく、続々と集まってくれました。
子どもたちは、少し早い「七五三」の飴の袋を作りましたよ。
袋が出来たら、スタッフの方がひとりひとり作品を紹介して、
その袋に飴を入れてあげていました。すると、
「ありがとう。」と大きな返事をすぐ言えるお友だちが
いました。みんなすくすく大きく育ってくださいね。
読み聞かせの時は、集中して聞いていましたよ。
今度、11月27日(水)には、クリスマスの飾りを
作りましょうね。
新入園児の面接の日が近づいています。
11月20日(水)です。午後2時からの人と、
午後2時30分からの人です。
余裕をもって、あさひ幼稚園にきてください。
待っています。
TAGS:
P1003472.jpg
展覧会が終わっても、しばらく「海のパーティー」の会場で遊べました。
今度は、お兄さん・お姉さんの作った場所で、遊びこんでいました。
潜水艦の中に入ったり、海賊船の甲板にあがったり、海に棲む怪獣
・魚やカメ・イカ・タコとのんびりと遊んでいました。
その日は、お弁当・給食弁当の日なので、海のパーティーの会場の
好きな場所でお昼をいただきました。まるで、海の中で、ご馳走パー
ティーをいただいたようです。こんなことができて、よかったですね。
でした。
今度は
TAGS:

展覧会2

08th 11月 2013

P1003445.jpg P1003448.jpg P1003469.jpg P1003468.jpg P1003451.jpg P1003444.jpg P1003449.jpg P1003446.jpg
年長組は潜水艦に、劇場、お茶会とお楽しみのドクターフィッシュ体験コーナー。
年中組の1組は「海の怪獣」で黒い体中にはり付いたいろいろな色の(納豆のケース)場所に
丸めた紙を投げて当たると、こんなことになるよと教えてくれます。
同じく年中組の2組は「お化けの海賊船」。
海賊船は2階建てです。暗いけど、もぐれます。
分身人形の海賊船の船員とお姫様たちが船に乗っていました。
海の中を泳いでいるお姫様もいましたよ。海賊船の近くの岩にくっついた貝のふたを
開けると、小さなお化けがでて~くる~よ。かわいいお化けたちでしたが・・・
緑色をしていて、昆布お化けのようでした。
年少組は海のレストランのようでした。おいしいものがいっぱい並んでいました。
くらげのかさの中で店員さんがお店を開いていました。
オムレツ・ケーキ・お団子・綿菓子などなど。
いろいろと楽しい「海のパーティー会場でした。

TAGS:

展覧会3

08th 11月 2013

P1003466.jpg P1003463.jpg P1003462.jpg P1003458.jpg P1003457.jpg P1003456.jpg P1003454.jpg P1003455.jpg
これは何でしょう。
これは、展覧会のテーマ会場にある小さな作品です。写真だけでわかるでしょうか。
子どもたちが作った作品です。
( 年長組) 小さな魚たち。これは、小さな発泡スチロールの緩衝材で出来ています。
磁石がついた腕輪をして、このお魚をくっつかせるのです。水族館マリンピアで見た
ドクターフュイッシュ(「あなたの角質をお取りします。」と書いてありました。)の再現です。
岩に隠れているうつぼ。これは張子で出来ています。
紐を引っ張るとニュウと穴から出てきますよ。
大きなイカはゆ~らゆ~ら、ふっくら膨らんだ魚はゆらゆらゆれて泳いでいました。
(年少組)小さなケーキ。これはスポンジで出来ています。おいしそうでしょう!
ドーナツは紙で出来ています。茶色の紙をねじって丸めて、色を塗って・・・、
細かくした色とりどりのチョコ風紙ふぶきをパラパラとまぶしていました。
イカは海の中を気持ちよく泳ぎ、タコは蛸壺の中で仲良く集まっていました。

海のパーティーはとてもにぎやかです。
TAGS:

展覧会

08th 11月 2013

P1003428.jpg P1003429.jpg P1003441.jpg P1003442.jpg P1003443.jpg P1003476.jpg P1003474.jpg P1003473.jpg
あさひ幼稚園60周年記念の展覧会がありました。11月3日でした。
今年のテーマは「ゆらゆらすいすい海のパーティー」です。
運動会で、魚になったり、イカ・タコ、人魚(アリエル)になったりして、海の世界で踊りました。
そのつながりで、「1階のお部屋を海にしてみんなで遊ぼう!」と言うと、
「いいね。何してあそぼうかな。」と夢はふくらみます。
それぞれのクラスでの話し合いもどんどん広がっていきました。
それがこの写真にある「ゆらゆらすいすい海のパーティー」になりました。

 

TAGS:
P1003414.jpg P1003415.jpg P1003413.jpg P1003416.jpg
幼稚園のお庭の砂場に穴がポコポコ見えています。
いったいなぜ、こんな穴が見えるのでしょうか。
それは、・・・。幼稚園の隣に住んでいるおじさんが教えてくれました。
「これはね、アリじこくという虫が作った穴ですよ。」
「?・・・なぜ?こんな穴をつくるのでしょうか。」
「アリじこくが生きるためにやる仕事だよ。」生きるために、何をするのでしょう。
小さな虫が穴にやってきたら、砂の底に隠れていたアリじこくが素早く出てきて
パクッて食べるそうです。
「それに、頭がいいんだよ。滑り台の下にこの穴を作るっていうことは・・・」
「そうか、雨にぬれないようにするためですね。」
「そのとおり。」
「これを子どもたちが聞いたら、夢中になりますね。」
というわけで、園の中の金魚・めだか・カメの水槽の近くに置きました。次の日、
「なんだ、なんだ、これ。」と園児たちが集まってきました。
「アリじごくってどんな虫かな。」とワクワクしながら探し始めていましたよ。
TAGS:
Newer Posts »
Copyright(C)2009-2010 あさひ幼稚園 ASAHI KINDERGARTEN All Rights Reserved.