あさひ幼稚園にようこそ

 本園は、教育環境に恵まれた新潟市でも随一の閑静な住宅地に誕生しました。
幼児期は、人間の一生にとって、人格形成の基礎が作られる一番大切な時期です。
健康で明るく のびのび とした子どもの育成を考えた教育活動を行っております。
 小さい幼稚園ですので、子どもも保護者も教師も大家族のような雰囲気です。
幼稚園にいらっしゃると、やさしさとあたたかさを感じることでしょう。
 どうぞいらしてください。

最近の投稿

最近のコメント

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

過去の記事

そら豆パーティー

30th 6月 2012

2012060711400000.jpg 2012060612160000.jpg 2012060612120001.jpg 2012060612120000.jpg 2012061215540003.jpg 2012061215540001.jpg 2012061215520000.jpg 2012061215520001.jpg

そら豆パーティーを今年もすることができました。ありがとうございました。保護者の方からのプレゼントです。毎年、6月のこの時期になると、空豆を届けてくださる方がいます。今年で4年目になります。最初の2年は、在園した保護者の方からでしたが、そのお子さんが卒業されたので、この季節の味覚のイベントがなくなるのはさびしいと思われた保護者の方が働きかけてくださいました。ありがたいことです。
まず、先生から絵本を読んでもらいました。空豆が出てくるお話です。「空豆って、見たことあるかな?今日、たくさん幼稚園に届いているよ。」と言うと、「えっ。」と驚きの声。さあ、さやから出しましょう。
簡単に豆を取り出すには、雑巾絞りをするとすぐ豆は取り出せます。でも、あさひ幼稚園では違います。さやをあとで使うので、筋に沿って指の爪を立ててボートのようにして開けます。並んだ空豆をひとつずつ、集めると、100粒以上もありました。塩ゆでしてもらって、給食の時にいただきました。ふわふわのおいしい空豆でした。新鮮なので、おまめの皮も食べられました。ごちそうさまでした。次の日、空豆を使って作りたいものを作りました。子どもたちは、カエルに見えたのかな。ひもを付けてあちこちお散歩していました。「おさんぽしていま〜す。」「かわいいね。この子のお名前は?」と聞くと、「カエルのお名前は○○で〜す。」と自分の名前を言うさくら組。ほほえましいひとときでした。

TAGS:
2012052109110000_2.jpg 2012052109130001.jpg 2012052110450000.jpg 2012052110450001.jpg 2012052110460000.jpg 2012052110460001.jpg 2012052110520000.jpg 2012052713110000.jpg 2012052713580000.jpg 2012052713110000_2.jpg

初夏にザリガニがやってきました。
休日に、先生がザリガニ釣りをして持ってきてくれました。とっても元気がよくて、なかなか手でつかめない。そこを年長のゆり組のお友だちは、ワイワイといいながら、そっと指を近づけ、おっかなびっくりと…。つかまれたザリガニは手足をバタバタさせています。子どもの顔はまだ緊張気味でしが、にっこり。勇気がちょっぴりいるはずです。この地球の生き物とずっと仲良く暮らしていきましょう。
続いて、ゆり組の畑で苗と種植えをしました。夏のキャンプのお昼ご飯のお野菜を育てています。きゅうり、枝豆、ミニトマト。
ポップコーンパーティーのためのとうもろこしも植えました。大きく育つようにと、子どもたちはがんばって水をあげていました。
畑のそばにある「ぽかぽかいけ」には、カエルたちが遊びにきていました。どこからくるのか、去年から卵を産みにやってきました。池にいたオタマジャクシを7匹、園で観察しています。あんなに小さくて細いオタマジャクシが、最近は丸々と太って、もうすぐ後ろ足が出てくると、さくら組がじっと見ていました。オタマジャクシ、元気になって良かったね。

TAGS:
2012052109110000.jpg

あさひ幼稚園にザリガニがやって来ました。なかなか元気なザリガニたちです。糸に付けたスルメの食い付きもいいようです。ザリガニ釣りの実体験をしていました。なかなか素手でザリガニをつかむことができませんでした。しかし、お友達がザリガニをつかむのを毎日見ていると、そのコツをつかむのでしょう。つかむことができたときは、ヒーローです。さくら組の男の子で、自信をもってつかんでいるのを見ると、うらやましそうな目で見ている子どもたちがいるのです。いつかできるようになるから、あせらないでね。

小島美津子より

TAGS:
2012060813530000.jpg 2012060813430000.jpg 2012060410360001.jpg 2012060410430000.jpg 2012060414170000.jpg 2012060414170001.jpg 2012060414170002.jpg

今年、初めての実習生でした。こんにちは、さようなら。2週間はあっという間でした。
さくら組にお姉さん先生として来てくれたのは、東京の学生さんです。小さな子どもたちとあそんだり、生活を一緒に過ごすのは初めて、緊張の連続だったそうです。ばら組とゆり組には、それぞれに新潟県立大学の3年生のお姉さん先生が来てくれました。
マリンピアに行ったこと、そら豆パーティーをしたこと、みんなと給食やお弁当を食べたこと、みんなで笑い、みんなであそんだことを思い出にして、素敵な幼稚園の先生になってください。
帰る日に、東京のお姉さん先生はカレーの歌でパネルシアターを見せてくれました。また、新潟県立大学のお姉さん先生たちは「ウサギとカメ」のお話をパネルシアターでやってくれました。カードで「食べられない食べられるテレパシークイズ」もしてくれました。絵の一部だけを見せて、全体の形を想像する楽しい遊びをたくさんやってくれました。どれも、実習中に子どもたちと一緒に経験した「そら豆、イルカ、かさ、雨ふりこぐま」などでした。みんなと一緒に歌った「雨ふりくまのこ」とっても素敵なメロディでした。ありがとうございました。また、遊びに来てください。

TAGS:
2012050210220001.jpg 2012050210220000.jpg 2012050210430001.jpg 2012050210430000.jpg

5月ののびのびくらぶで、新聞紙ビリビリをしました。
たくさんの新聞紙をホールいっぱいに広げました。細かく切った新聞紙が頭から降ってきたかと思うと、子どもたちは新聞紙に埋もれてしまいました。新聞紙のお山の中にもぐり、お布団のようにして寝ていました。いい気持ちったらいい気持ちの歌を歌いたくなったことでしょうね。
さあ、これからが本番です。赤いビニール袋に切った新聞紙を詰め込んで、あ〜ら、不思議。少しふくよかなこいのぼりができましたよ。お空を元気よく泳げないけれど、子どもたちのペットとして、末長く置かせてもらってね。

TAGS:
2012051610160001.jpg 2012051610320001.jpg 2012051610300001.jpg 2012051611040000.jpg

のびのびくらぶの2回目はおいもの苗を植えました。
最初は、メダカを見ながらメダカの歌を歌いました。小さいメダカが見えるかなと目を近づけて探しました。いました。スイスイと泳いでいるメダカを見つけることができました。
のびのびくらぶの畑に行って、さつまいもの苗を植えに出かけました。1分程の所です。
こんなひょろひょろの苗が大きくなって、大きなおいしいおいもになるのか、不思議ですね。さあ、たっぷりお水をあげてくださいね。最初は、ぐでんぐでんに弱った様子を見せますが、しばらくすると葉っぱがスッとたちあがります。元気出して、がんばるぞという苗だけ、厳しい環境でも育っていけます。
がんばって、苗たち!!

TAGS:
Copyright(C)2009-2010 あさひ幼稚園 ASAHI KINDERGARTEN All Rights Reserved.