あさひ幼稚園にようこそ

 本園は、教育環境に恵まれた新潟市でも随一の閑静な住宅地に誕生しました。
幼児期は、人間の一生にとって、人格形成の基礎が作られる一番大切な時期です。
健康で明るく のびのび とした子どもの育成を考えた教育活動を行っております。
 小さい幼稚園ですので、子どもも保護者も教師も大家族のような雰囲気です。
幼稚園にいらっしゃると、やさしさとあたたかさを感じることでしょう。
 どうぞいらしてください。

最近の投稿

最近のコメント

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

過去の記事

オラはウ ータン

26th 11月 2011

P1001940.jpg P1001936.jpg P1001937.jpg P1001938.jpg P1001939.jpg

オラはウータンだよ。新しいお友達でしょうか?どこから、やってきたのかな?名前はウータン♪って言うらしい。自分のことを「オラ」とも言う。子どもたちは、初めて会ったウータンにびっくり〓。勇気ある子どもが手を握ったら、ギュウーピュウーとなきだし、逃げ出す子どもたち。それが面白いと、またまた手を握る。おんぶしてあげたいと背中に乗せ、ゆり組の部屋に連れて行こうとがんばる、一番小さなさくら組の男の子。
園の近くに、こんなにすぐに仲よくなれる動物を連れて来てくれる動物園はあったかな?…えっ?あるわけない!?そうでした。新潟市には、動物園そのものがないのですから、どうしたわけでしょう。
この秘密を教えてあげましょう。
園の職員のお家に長い間住んでいたオラウータン。一言もしゃべりません。でも、いつもニコニコ顔でかわいい目で眺めていました。ウータンと遊んでくれた子どもたちももう大人になって、誰も相手をしてくれないので、あさひ幼稚園に来ることになったのです。
出会ったその時から、こんなに歓迎されるとは、夢のようです。ウータンは嬉しいでしょう。あまりにも可愛がってくれるので、少しお休みタイムをもらいました。毛並みをそろえて、男前になって、やさしい園の子どもたちにも負けぬ体力をつけてから、また、会いましょう。ところで、ウータンは男の子?女の子?わかりません。会いたい時は、来てください。たたみの部屋でウータンは休んでいます。どこへも逃げ出さずにね。あさひ幼稚園を気にいってくれたようです。さくら組の子どもたちより身長が大きいので、園児が1人増えたようです。嬉しいでしょう。ウータンはぬいぐるみです。内緒です。

TAGS:

幼稚園の中で七五三

20th 11月 2011

P1001928.jpg P1001931.jpg P1001933.jpg P1001930.jpg P1001925.jpg P1001919.jpg

幼稚園の中で七五三って、どういうことでしょうね?
あさひ幼稚園の近くには大きな神社があるので、天気が良いなら歩いて七五三を祝うため行くところですが、雨まじりの天気なので、室内で祝うことにしました。
始めに、子どもたちには、七五三を祝うことはどんな意味があるのかお話がありました。子どもたちのお願いを聞いてもらえるので、みんな真剣にお願いしました。自分のこと、家族のこと、地球のこと。次々にたくさんお願いが出てきました。さくら組から聞こえてきたお願いは「しまないように。」えっ?新しい日本語?先生たちも目を見合わせました。さくら組は、何を言いたかったのですか。担任の先生!翻訳してください!!
あとで、こっそり教えてもらいました。子どもたちは真面目な顔でお願いしていたので、その時に聞き返すことができませんでした。先生たちに翻訳してもらって、ひと安心。誰でもそれはお願いしたいものですね。あの言葉は、わかりましたか?

TAGS:

おいもとお魚

20th 11月 2011

P1001916.jpg P1001917.jpg

のびのびくらぶのお友だちが、土から掘ったおいもを思い出して、新聞紙と色画用紙で作ったものを展覧会で展示しました。大きいおいもと小さいおいも。とってもかわいいでしょう。展示会の時は、このおいもを見ながらお魚釣りゲームを楽しみました。たくさんののびのびくらぶのお友だちと保護者の方が来てくださいました。子どもたちがとても楽しんでいたことは大変嬉しいことでした。それ以上に、保護者の方々がお子さまよりお魚釣りゲームに熱中していたことが印象に残りました。どんなお魚でも釣り上げると、周りの方々がたくさんほめてくださるのです。とてもいい気持ちです。
やさしいルールで親子が何度でものんびり楽しめるゲームがのびのびくらぶの場所があったことが、人気スポットになったようです。みなさん、楽しかったですか。

TAGS:
P1001915.jpg P1001909.jpg P1001910.jpg P1001913.jpg P1001914.jpg

のびのびくらぶが始まって、初めてのお料理教室です。
今年育てたさつまいもは秋に12キロも収穫できました。小さい手で掘り起こした小さいおいもと中位のおいもは、のびのびの子どもたちが持って帰りました。大きな大きなおいもは、3本できました。これは、みんなで食べることにしました。そこで、冬になる前においも料理をやりましょうと計画しました。小さな子どもたちが、安心してお料理するには何がいいかな?と話し合いました。
小さな包丁でふかしたおいもをサイコロに切ってもらおうと決まりました。
小さな包丁?あるかしら。スタッフの皆さん!探して!!
小学生の低学年の子ども用の大きさならあるけれど、1〜2才用はない。当たり前ですね。そこで、いろいろなお店に出かけて、やっと見つけました。包丁をあきらめて、バターナイフに変更しました。それはまるで、ミニミニの包丁です。
この話を聞いて、スタッフの方が、これも安心して使えるわよと、お家の台所から探してたくさんのプラスチックナイフを持って来てもらいました。ありがたいことです。
当日の流れを確認するために、スタッフは何度も話し合い、シュミレーションをやって、楽しくスムーズにやる方法を考えました。
今回は初めてでしたが、上手においものまんまるやきができました。
予想外の出来事をお知らせします。それは、小さなのびのびシェフさんは、おいもを切るたびに、コロコロおいものを1つ、2つと小さなお口に運んで食べていたのです。切っては食べて、切っては食べて、あれれ…おいもの味を確かめながら、お料理していたので、まんまるやきの上に乗せるおいもが少ないよ。あれ〜!!。
大丈夫です。スタッフの方がサービスで足してくれました。ところが、のびのびシェフの食欲のスイッチが入ってしまったのか、足したおいもも食べたいなあっと。でもダメって、シェフの母にたしなめられて、大泣き。早く食べたかったのね。シェフはやめて、お客になりたいのびのびさんでした。
しばらく、ホールでお魚釣りゲームをして、焼きあがるのを待ってもらいました。
さあ、今度は、お客さんです。どうぞ召し上がれ。温かくて、甘くて、ふんわりとした、おいものまんまるやきが出来上がっていました。のびのびシェフたちもその母たちもスタッフたちもニコニコでした。
おみやげに、もう1つ渡しました。そうしたら、「このおいものまんまるやきは、風邪で休んでいるお友だちにあげるんだよ。」と。やさしいやさしいのびのびシェフさんにびっくり。
この日も楽しくて嬉しいひとときが過ごせました。また、遊びに来てください。

TAGS:
P1001861_3.jpg P1001863_4.jpg P1001852_3.jpg

先月、下旬にバス停の看板を新しくしました。何十年間もがんばって立っていた前の看板は、かわいい男の子と女の子の顔の色が、日に焼けて変色していました。回りの色も、かなり濃い色になってしまっていました。
「明るく楽しいあさひ幼稚園」になるように、明るいピンクにしました。バスをご利用の方は、どうぞご覧ください。護国神社前と旭町通2番町のバス停です。このデザインは、基はあさひ幼稚園の教職員ですが、バソコンで仕上げた色合いと新しいキャッチコピーの言葉、全体のバランスなどは、東京の宣伝ポスターを専門とする方に7月から頼みました。あさひ幼稚園から細部に渡って、デザインはもちろん、難しく細かい色の注文にも応えていただきました。
あさひ幼稚園の子どもたちが「のびのびすくすく」育ちますように。いい笑顔で、明るく楽しく過ごせますように。いろいろな思いが込められたバス停の看板です。ぜひ、見てくださいね。

TAGS:
P1001885.jpg P1001886.jpg P1001874.jpg P1001901.jpg P1001897.jpg P1001895.jpg P1001907.jpg P1001880.jpg P1001883.jpg

ゆり組の作品は3つのお店で見ることができました。
そのお店では、素敵な名前が付いている物がいっぱいありました。ミラクルバス、ミラクルたまご、透き通るような洋服とかんむり、宝石がいっぱい散りばめられていたペンダント…見たことがないようなストラップと時計とビー玉迷路。きっと、夢の世界から子どもたちだけが見ることができる物なのではないでしょうか。
子どもたちだけが持っている子どもたちの不思議な世界を見ることができました。おかげで楽しい時間を過ごすことができました。
この日は、なんと240人以上のお客様がいらっしゃいました。これも嬉しいことです。
なお、保護者と教職員で行ったバザーでは、楽しいお店を開くことが出来ました。それぞれの特色あるお店を訪れるのも、楽しい時間でした。保護者の方も、子どもたちも、教職員も、そして、卒業生も、教育関係者の方も、地域の方も、にこやかな笑顔であさひ幼稚園の「あさひフェスタ」を楽しむことができたと思いました。
皆さん、ありがとう。よくがんばりました。保護者の皆様もいい気持ちでいろんなことを味わうことが出来たかなあと思いました。お疲れ様でした!

TAGS:
P1001855.jpg P1001856.jpg P1001870.jpg P1001875.jpg P1001876.jpg P1001900.jpg P1001877.jpg P1001878.jpg P1001908.jpg P1001879.jpg

11月3日におこなわれたあさひ幼稚園の展覧会とバザー。
いかがでしたか?
子どもたちのがんばりにびっくりしました。自分たちで作った作品をおうちの人に売る活動がありました。初めてのことでしたが、なれた様子で、「いらっしゃい。いらっしゃい。」と言って、自分のお店の宣伝を何度も何度も繰り返して言っていました。家の方に恥ずかしがらずに言えたこと、作品が売れたことは、とても嬉しかったようです。どれもかわいい作品です。一生懸命作った作品だとわかりました。どれも売ってほしい作品ばかりでした。
何よりも、子どもたちの笑顔がたくさん見られたことは、1番良かったことでしょう。
さくら組も、ばら組も、ゆり組もがんばりました。なごやかな1日でしたよ。

TAGS:
Copyright(C)2009-2010 あさひ幼稚園 ASAHI KINDERGARTEN All Rights Reserved.