あさひ幼稚園にようこそ

 本園は、教育環境に恵まれた新潟市でも随一の閑静な住宅地に誕生しました。
幼児期は、人間の一生にとって、人格形成の基礎が作られる一番大切な時期です。
健康で明るく のびのび とした子どもの育成を考えた教育活動を行っております。
 小さい幼稚園ですので、子どもも保護者も教師も大家族のような雰囲気です。
幼稚園にいらっしゃると、やさしさとあたたかさを感じることでしょう。
 どうぞいらしてください。

最近の投稿

最近のコメント

2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

過去の記事

この寒さはなんでしょう。プールなんて、無理ですね。sweat01sweat01

こどもたちも長袖に変身しました。

朝から雨・雨・雨。涼しいです。

いよいよ秋の到来かな。今日も運動会の練習に。

それも自主的に練習していると聞いて、嬉しいですね。

お手伝いをお願いしている保護者の方に 運動会の詳しい要綱を

お渡ししました。きっときっと楽しいよい思い出に残る

運動会になるでしょう。できたら、はれてほしいところですが・・・。

TAGS:

収穫した後は、お弁当ですhappy01。デザートはもちろんぶどうです。ロザリオビアンコという黄緑色のぶどうです。ぶどうでいっぱいの棚の下でいただくお弁当は、最高です。見上げると、美味しそうなロザリオビアンコのぶどうが天井一面に広がっている光景は圧倒されてしまいます。その数は半端ではないからです。かなり手を入れていて、大事に大切に育てていることがわかります。子育てと同じですね。ぶどうは伸びやかに、美味しそうでしょと言っているように、自信をもって、枝からぶら下がっていました。育ての親が愛情たっぷりの栄養を満ちあふれるようにと、毎日、毎日、お世話をした結果ではないでしょうか。ぶどうは、そんなこと知らないで、自分で大きくなって甘くなったと思うかも知れませんが…いやいや、ぶどうはちゃんとそのことを知っていて、育ての親に応えるように甘く大きく育ってきたと思いたいですね。
この日は、あちこちの幼稚園の遠足でした。グレープガーデンに500人もの人が来ると聞いていましたが、幼稚園園児さんと、その保護者も一緒というところもあって、たいへんにぎやかでした。
お弁当の後は、お散歩です。ヤギ、カメ、ウサギと遊べます。また、築山があるので、そこにも遊びに行けます。そこで、だれかが迷子にならないかと、心配しましたが、カルガモの親子のように、子どもたちはみんな先生にピッタリとついていました。安心、安心。いい思い出ができましたね。お家に帰って、ご家族のみんなと、おいしいぶどうをたっぷり味わってください。

P1001658.jpg

TAGS:
P1001636.jpg P1001643.jpg P1001644.jpg P1001646.jpg P1001648.jpg

秋晴れにはほど遠い、残暑厳しい夏の続きの1日です。
でも、晴れてよかった。暑さを吹き飛ばしてしまいましょ。冷房のよく効いた新潟交通の最高級のバスを用意してもらえましたから、ウキウキです。
バスの中で運転手さんにあいさつしたあとは、新潟の地名クイズ・橋の名前クイズが続き、その後は、各クラスの得意な歌のご披露で楽しく過ごしました。
そうしている間に、白根グレープガーデンに着きました。入り口から混んでいます。
荷物を置いて、すぐにぶどう畑に出発。
グレープガーデンの若いお兄さんのお話をよく聞いて、ぶどうの取り方を教えてもらいました。
今年は新しい子ども用のハサミが用意されていたので、さくら組の子どもたちも、大丈夫ですね。
さあ、大きいぶどうを探してね。「あれっ?若いお兄さん!今年のぶどう、小さいね。」と言ってしまった先生たち。すかさず、「後で、足らない分、足しておきます。サービスします。」と言ってすまなそうに苦笑い。それを聞いて、にっこり微笑む先生たち。
ぶどう畑に入ったら、一番大きいぶどうを探すのに、大きな目をしっかり開けているのは、ゆり組のお友達と先生たちです。「こっちの方が大きいかしらね?」とクラスの子どもたちにつぶやいていると、あさひ幼稚園の園児 のそばにピッタリとついて、その話を聞いているのは、ほかの幼稚園の園児さんたちでした。「このぶどう、大きいね。これに、しようか。」と、相談していると「それが、いい。」というのは、ほかの幼稚園の園児さんでした。思わず「ごめんね。君たちは、自分たちの先生に言ってね。このぶどうは、あさひ幼稚園のお友達が先に見つけたのでね。」と言いましたが、どこを見渡しても、ほかの幼稚園の先生たちは見当たりませんでした。困ったね。なかなか、選んだぶどうのそばから離れません。「先生たちを探しに行っておいで」と告げて、あさひ幼稚園の園児たちは、また、大きなぶどうを探しに若いお兄さんのそばにくっついて、畑をあっちこっちと探検しました。とうとう、お兄さんは、大きなぶどうを選ぶ秘密の技を教えてくれました。いいのかな
?マル秘だったりして…。
おかげさまで、とても大きなぶどうを持って帰ることができました。白根グレープガーデンの若いお兄さん、どうもありがとうございました。どうぞご家族でお訪れてみてください。

TAGS:
P1001621.jpg P1001622.jpg P1001624.jpg P1001628.jpg P1001627.jpg P1001630.jpg P1001631.jpg P1001625.jpg

「にこにこたんぽぽ」って何でしょう?

2年目に入ったばかりの新しい事業です。在園児さんのお預かりの場所と活動名です。
一昨年度の春にスタートしたばかりです。保護者の要望に応えて、早朝8時から9時までと、午後2時から5時半まで、お預かり保育を行うようになりました。ほぼ毎日、ご利用があります。園舎から少し離れた一軒家で、のんびりとした時間を過ごします。
この日は、5人の園児さんが来ていました。靴をそろえて、「○○がきました。お願いします。」「お邪魔します。」「お待たせしました。」など、いろいろな挨拶をして、にこにこたんぽぽのおうちに入っていきます。
畳、押し入れ、床の間、襖、雪見障子のある部屋です。

うがい、手洗いした後は、お気に入りの遊び道具を持ち出して楽しんでいます。

家にいるように、でも、家と幼稚園とは違った時間を過ごしています。一人遊びもできます。その日、一緒に過ごすことになったお友達と相談して遊ぶこともできます。クラスを越えて、3才4才5才6才が仲良く遊びます。
人気の遊びは「押し入れ」かな?
狭い空間に入り込み、一瞬の別世界を楽しんでいるのでしょう。
次は、チョコレートバズルと日本地図バズル、そして、ブロックや電車の線路つなぎです。また、紙や糊、セロテープを使って、作りたいものを作って楽しむ子どもたちもいます。
3時にはおやつタイムをします。お気に入りのおやつを食べて、ホッとするひとときです。お預かりの人数が多い時は、2〜3人体制で子どもたちの安全を守ります。

ほんの数時間でも、あたたかい時間を過ごしてもらいたいと思っています。

TAGS:
P1001609.jpg P1001610.jpg P1001613.jpg P1001618.jpg P1001619.jpg P1001608.jpg P1001597.jpg P1001596.jpg P1001595.jpg P1001611.jpg

秋が訪れているはずなのに、毎日、暑い日が続いています。全国放送される新潟の猛暑。本物の秋が来てほしいですね。
園に近い小さな畑に、実りの秋が来ています。ひまわり、ひょうたん、マリーゴールド、ピーマン。ピーマンの収穫は、何度目でしょうね。暑いせいでしょうか、次々に花が咲きます。子どもたちが自分たちでもぎ取って、おみやげに持って帰ったピーマンを次の日、お弁当に入れてきたと言う報告を聞くとうれしいですね。
また、「あっ、ぼく、ピーマン、キライなのに、おみやげの袋にいれちゃったよ。」と、はずみで手がでちゃったお友達もいました。家に帰って、ピーマンを食べることができたかしら。知りたいなあ。

幼稚園の入り口には、とげとげの実をいっぱいつけた草を先生が持って来てくれました。
なんの実だか、わかりますか。答えはオナモミ。この実は洋服にくっつくので、くっつき虫という名前で遊んだ記憶のある方がきっといることでしょう。9月の上旬の頃は、まだ黄緑色。まだまだ秋はこない。中旬になって、ようやく実は茶色に変身しました。

毎日、暑いと言っても始まらない。子どもたちのパワーは全開です。運動会に向けて、ラジオ体操、全員で踊る創作ダンスを楽しくやっています。

秋分の日に、寄居中学校で運動会をやります。未就園児さんのお友達も、ぜひ来てください。雨の時は、体育館で行います。

あの小さな畑の野菜たちで、お知らせするのを忘れていました。さつまいもです。夏の暑さによく耐えて、よく育ちました。樹木の中には枯れかかったものもあったのですから。たぶん、大きなおいもに育っていることでしょう。お楽しみに。

TAGS:

敬老の日に

16th 9月 2011

おばあちゃん おじいちゃん 敬老の日おめでとう

おはがき届きましたか? 9月16日の暑い日、ゆり組のみんなは、近くの旭町郵便局にお葉書を出しにいきました。

どんなことを書いたのでしょうか。「お元気ですか。」
「いっぱい楽しんで、長生きしてください。」「これからも よろしくお願いします。」

家族・親戚みんなで、敬老の日を祝ってください。大切な人生のことは、大先輩にいっぱい聞きましょう。

 

TAGS:
P1001665.jpg P1001667.jpg P1001668.jpg P1001672.jpg

のびのびくらぶの子どもたちは、運動会の練習をしました。

暑い日でしたが、たくさんの親子のお友だちが集まってくれました。今では、考えられないほどの気温ですね。
かけっこをした後、在園児のお友だちから竹の子体操を教えてもらいました。在園児とのびのびくらぶのお友だちと保護者と先生たちが集まると、ホールが狭く感じられます。今まで、なかなか一同に集まるチャンスがなかったので、このような様子はなかなかのものでした。
ところで、一学期にのびのびくらぶの歌を吹き込み、ホームページにその歌を入れました。しかし、7月に録音したので、七夕の歌が一年中流れるのもどうかなと思案中です。ビアノの曲にして、聞いた人が口ずさむ方がよいかなとも考えています。

さて、台風typhoontyphoonが去った後ですが、朝の青空はどこかに行ってしまいました。今は、雨rainがざんざんと降っています。明日の天気は、晴れかなsun? 雲かなcloud? 雨かなsprinkle? どんな天気でも、あさひ幼稚園は運動会をします。明日、ぜひ来てくださいね。お待ちしています。

TAGS:
P1001601.jpg P1001603.jpg P1001604.jpg P1001605.jpg P1001606.jpg P1001607.jpg

のびのびくらぶのお友達、久しぶり!新しいお友達、こんにちは!!
たくさんの小さなお友達が来てくれました。お母さんたちと、スタッフを入れると44人です。とてもうれしい日です。
晴れて、よい天気です。屋上でシャボン玉とばそうね。初めてシャボン玉をとばしてみたお友達もいたそうです。少し風があったので、小さなのびのびのお友達が作った小さなシャボン玉は、風に乗って、日本海タワーに向かって、あっという間にぶっ飛んで行きました。だから、一瞬しか見られないのです。記憶する時間もないかな?

さて、おやつタイムです。ビスケットと弥彦ぶとうです。今、果物のおいしい季節です。のびのびくらぶのお友達とお母さま方には、在園児より先にぶとうを味わってもらいました。園児たちは9月13日に白根市のグレープガーデンでぶとうがり遠足にいきます。
もうすぐです。

よみきかせの時間になりました。この日は、新潟の大学2年生がエプロンシアターをやりました。エプロンに登場人物を付けて、動かしながらお話が進みます。お野菜がエプロンのポケットから飛び出しました。大根、ニンジン、ゴボウ。昔は同じグレーの色の野菜たちがお風呂に入ったのに、どうして、白、オレンジ、茶色になったかというお話です。また、聞きたいですね。 この日は、東京の大学1年生も来ていました。また、あさひ幼稚園をずいぶん前に卒業したお姉さんが、前の日に幼稚園を訪ねて来ました。早速、ボランティアスタッフとして手伝ってくれました。スタッフが8人と今までの中で最高の人数です。のびのびくらぶが楽しくなるように、スタッフ一同がんばりますね。
明日も、のびのびくらぶで会いましょう。かけっこをしたり、竹の子たいそうをします。23日の秋分の日に運動会が、寄居中学校で行われますので、練習をします。雨が降っても体育館でやりますので、参加してください。がんばって走ったお子さまには、スタッフが心を込めて作っている手作りのおみやげケースがあります。もちろん、中身はお楽しみにね。待っています。

のびのびくらぶが終わった後に入園説明会が行われました。30分間で終わったのですが、小さなお子さまたちは、誰一人ぐずって騒ぐことがなかったので、びっくりしました。初めて会ったばかりなのに。自分たちの将来の幼稚園を選ぶ大事な時間だから、お母さまの邪魔をしてはいけないと思っていたかしら。親思いの素晴らしいお子さまたちです。あさひ幼稚園にまた来てくださるとうれしいです。

TAGS:
P1001587.jpg P1001585.jpg P1001586.jpg

きょうは、9月6日。プール遊びをするには、少し涼しい。そこで、青空がきれいな朝なので、護国神社の原っぱで、虫探しに行きました。
幼稚園の庭や畑には、10センチメートルの大きなショウリョウバッタがいました。夏休みに見ることができたのです。
おいしい草がいっぱい育っていたからでしょうか。いやあ、雑草畑?でしょ。雑草におおわれそうになった園の庭?でしょ。と言われてしまいそうです。
虫たちのことを考えると、このまま草だらけの方がいいに決まっています。しかし、虫たちだけのための畑と庭ではありません。あさひ幼稚園の子どもたちの遊び場でもあるわけで、どうしたらよいのか迷いました。うーん、どうしたらいいの。子どもたちを雑草ジャングルで遊ばせるのは…。すると、先生方がよい考えを出してくれました。子どもたちが遊ぶところの草はとってしまいましょ。でも虫たちの楽園はやはり、残しましょ。ということになりました。さすがに、よい考えです。子どもたちにも虫たちにも優しい幼稚園なのです。
それにしても、この暑さの中、水まきをしないのに草はよく育ってえらいなあ。いやいや、夏のあの暑さの中、2日間も、草と格闘した先生方に感謝しています。きれいになった庭で、また遊んでね。
さあ、護国神社の原っぱにはもっと大きなバッタに会えるかな?
期待して出かけました。
幼稚園を出てすぐ、こころのおうちの前を通ります。花壇ではひまわりを育てています。夏の酷暑にも耐えて、花がさいていました。小さくてかわいい花です。これは、園児全員と教職員のみなさんが、夏休み前に種から育てたものです。良かったね。種ができたら、福島へ送ります。土の放射能をとってくれるそうです。早く安心して生活ができるといいですね。

原っぱ着くと、坂口安吾の碑の回りにたくさんの赤トンボが飛んでいました。子どもたちは、ぐるぐると手を振り回して、捕まえようとしていました。でも、捕まえられません。そこで、頭の上にのっている夏の白い帽子を手でにとって、トンボを捕まえようという作戦です。帽子をくるくる振り回しました。何回も何回も振り回し続けて、自分たちくるくる回っていました。その情景を見ていた先生が、「これって『夏みかん』のお話の世界みたい。」と一人言。「思わず、あの話を知っているのね。」と相づちを打ってしまった。小学校の教科書に出ている話です。ご自分もその話を習ったとか。赤トンボを追いかける情景がフラッシュバックのように昔習ったことを思いださせるのですね。白い帽子、モンシロチョウ、青いタクシー、松井さん、夏みかん。題名を知っていますか。「空色のタクシー」でしたか?話は赤トンボでなく、モンシロチョウだったかな?
さて、原っぱではバッタは少し小さい大きさでしたが、よく捕まえました。なかなか虫の方が逃げ足が速いのです。

あまり暑さを感じなかった1日でした。明日は、のびのびくらぶがあります。未就園児のお子さんとお母様、どうぞいらしてください。みんなでシャボン玉を飛ばそうね。

TAGS:
P1001580.jpg P1001578.jpg P1001579.jpg P1001581.jpg

9月がきました。2学期の始まりです。楽しいことがいっぱい待っています。
9月は、ぶとうがりでおいしいぶとうをいただきます。23日の秋分の日には、寄居中学校の校庭で運動会をします。10月は大きな畑でいもほりをします。11月は展覧会とバザー、七五三、12月は焚き火をして焼き芋をいただきます。クリスマスもありましたね。おいしいケーキ〓も食べます。今は暑くて、冬の話は遠いことのようです。
2学期は、おいしいものを味わえるチャンスがいっぱいあって、うれしいですね。それに、いっぱい体を動かして、パワーを出しましょう。また、いっぱい考えて、素敵な作品をたくさん作ってください。

たくさんの楽しいことをやるためには、健康でないとできません。早寝早起き、好き嫌いしないで何でも食べて、楽ばかりせずにたくさん歩いて、走って、お手伝いをして、力をつけておきましょう。
さあ、始業式が始まりました。子どもたちは、がんばることを話しました。さすがです。がんばってほしいことをみんなが言ってくれました。前もって教えたわけじゃないのに、素晴らしいお子さんたちだなあと感心しました。ほめすぎかしら…。
さて、この日、転入生がきました。続いて、初めて幼稚園に入る新入生も来ました。2人も新しいお友達を迎えることができて、みんなもとてもうれしいです。いいこといっぱいあって、しあわせの気分。これからも、いいこといっぱい、作っていきましょう。
あさひ幼稚園のお知らせより

TAGS:
Copyright(C)2009-2010 あさひ幼稚園 ASAHI KINDERGARTEN All Rights Reserved.